【食用ほおずき】とは?  ☆観賞用との違い☆
 子供の頃、ふくらまして笛にした記憶がありますよね? 観賞用のほおずきは「食べられない」という観念が根強いので「食用」というイメージが薄いのが現状。
 食用ほおずきは、ヨーロッパが原産であり、なんと10年前には立派に市民権を得ているから驚きですね!!
 特にフランス、イタリアでは盛んに栽培されており、日本では平成に入ってから栽培され始めました。 現在はまだまだ観賞用のほずきのイメージが根強く、食べるほおずきはこれからの食材であると期待されております。
 似ているのは見た目だけであって、オレンジがかった黄色で、味は甘酸っぱく、フルーティーな香りがします。 ご来店頂いたお客様には記念に生の食用ほおずきを召し上がっていただいているのですが、「甘酸っぱいすももみたい!!」とか、「プチトマトだ!!」などのようなご感想を頂きます。
 最初はやはり 「本当に食べれるの?」 と質問される事(笑)も多かったのですが、興味本位や話の種にとご購入された方が口コミをして下さったりと(あり難いです)、地元新潟ではテレビや雑誌で紹介されるようになり、話題がひろがり少しずつブームが起きてきております。
 インターネットでの販売は、始めてまだ1ヶ月経たないのですが、予想に反してご好評を頂いており、お陰様でリピーターも増え続けております。
 口で説明するのは容易いのですが、”百聞は一見に・・・いえ、一口にしかず” です!! 勇気!? を振り絞って食べてみて下さい!! きっとはまりますよ♪
【食用ほおずきの健康効果】☆コレステロール値の低下☆美肌効果☆
 ビタミンA・ビタミンC・鉄分・カロチンそして話題のイノシトール(※)が豊富に含まれており、コレステロールの低下、動脈硬化予防、美肌、がん予防、そして老化を遅らせる効果まであるんですよ!

※イノシトール
 細胞の成長促進に不可欠なビタミンB郡の一種であり、脂肪肝・肝硬変の予防・治療薬として、また総合ビタミンドリンクや乳児の必須ビタミン剤等に幅広く使用されています。 まさに体に良い美味しい食べ物なんですね!
健康効果
◇コレステロールの低下 ◇美肌効果
◇動脈硬化予防 ◇がん予防
◇老化を遅らせる ◇脂肪肝予防
◇肝硬変予防 悪玉コレステロール値を下げる
◇脳細胞に栄養を供給 ◇健康な毛髪の維持